冬の魔物?

こんばんは、まさぴーです。本日は技術的なお話を。

10月にはいった辺りからでしょうか。

少し寒くなってきてから、急に、フォームド・ミルク作りが

それほど上手く行かなくなってきました。

デザインカプチーノもなかなかキレイにできません。

そこで、フォームド・ミルクを飲んでみると、少し薄いような気がしました。

考えてみると、空気の気温が低い分、ミルクの温度が上がりにくいので

どうしてもスチームの時間が長くなって、ミルクが薄い(水っぽい)状態に

なっているようでした。

(ひょっとしたら、冬の牛乳の成分もちょっと違うというのもあるかもしれません)

対応として考えたのが、まぜまぜするタイミングを少し変える事でした。

最初はまぜずに、空気を含ませて、量を1.5倍にします。

ノズルをしずめて、暫く暖めていると、泡が少し小さくなってくるタイミングがあり、

そこからくるくるまぜ始めます。

そうすると、元に近い味のフォームド・ミルクができました。

2p1320967

たまには初心に戻ってハートを描きました。

気温や湿度の変化も影響する、繊細な飲み物ですねぇ~。


This entry was posted in 技術的な事. Bookmark the permalink.

2 Responses to 冬の魔物?

  1. 夢夢ちゃん says:

    確かにフォームド・ミルク作りって温度管理がムズカシイですね
    気温が下がるとボイラーのウォーム・アップに時間がかかるのかも知れませんね
    ウチはスチーム空ぶかしを使ってボイラーの温度管理をしてます
    スチーム空ぶかし直後、ボイラー内は100℃1気圧になるので、エスプレッソを抽出すると95℃で安定するので便利です

  2. まさぴー says:

    夢夢ちゃんへ
       いつもコメントありがとうございます。
       マシンの特徴にあわせて気候変化や
       環境の変化も対応しないといけませんね。
       試行錯誤しながら、おいしい一杯を
       作れるように頑張ります~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.