「ネスプレッソ(Nespresso) カプセル式コーヒーメーカー 「マエストリア(MAESTRIA)」 C500RE」

まさぴーです。ひさびさの更新です。

娘のみーちゃんが生まれて、コーヒーをしばらくお休みしていましたが、

再開です。

今回は手間をかけずに、そこそこおいしいコーヒーが飲めたらなあということで、

「ネスプレッソ(Nespresso) カプセル式コーヒーメーカー 「マエストリア(MAESTRIA)」 C500RE」

を購入しました。

プリモプエルのアキちゃんといっしょにしょうかいしまーす。

イリーのXシリーズと悩んだのですが、あちらは、密封されていないので、

コーヒーの酸化があるということと、一杯あたりの単価が高いので、

ネスプレッソにしました。

・カプセルは密封されているので賞味期限が一年近くあり。

・カプセルの特許切れに伴い、安価な互換カプセルもある。

というのが購入理由です。

少し不安であったのが、飲んだことはなかったので

味はどうなのか。スチームはどうなのかということです。

どうしても、デザインカプチーノとかしたかったので、

スチームノズルがついている、最上位機種のマエストリアを購入しました。

お値段は約4万円です。

初代のエスプレッソマシン(ASCASO DREAM)が約10万円ほどだったので

それと比べるとかなり安いもんです。

開けてみると、その小ささにびっくり。幅がかなり細いです。17cmしかありません。

マシンの注意点としてはアース線の接続が必要ということです。

まずは、湯通しして、さっそくカプチーノをいれてみました。

びっくりなのが、抽出可能になるまで時間の速さ。そして、スチームが可能になるまでの時間です。

スチームも思ったよりもパワフルです。

はじめてなのでアワアワになってしまいましたが、慣れると、

これまでのエスプレッソマシンと大差ない、綺麗なミルクフォームが作れます。

味は思ったよりもおいしいです。

焙煎したベストの状態のエスプレッソには劣りますが、

焙煎したコーヒー豆だと、酸化で劣化しますからね。

そう考えると、とても良い商品です。クレマもしっかり出てます。

 久々なので下手くそですが、娘が大好きな、アンパンマンを描いてみました。

いろんな味のカプセルがあるのでお気に入りを探したいと思います。

夜だったので、今回試したカプセルはデカフェナートです。カフェインレスなんですが、

味わい深く、香りもよかったです。


This entry was posted in ネスプレッソ(Nespresso). Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.